前へ
次へ

シンプルだから食べ比べのお取り寄せが楽しめる

地域によってパンを好む都道府県もあればお米やうどん、そばなど炭水化物の好みは分かれるところですが、日本でもっとも多くのパンを食べているのが意外にも京都です。
京都といえば和食のイメージがあり、漬物もよく知られていることからごはんがメインという印象がありますが、京都人の多くがパンを好んでよく食べています。
そんなパン好きな京都人の気質から、市内にはたくさんの焼き立てパンの店がありますが、どのパン屋にも売られているわけではないのがベーグルです。
ベーグルは焼きあがるまでの間の工程で水に浸けるという特徴から、もちもちとした食感に仕上がる、シンプルながらもおいしいパンです。
ただし作るのには手間がかかることもあって、ベーグルを探しても見つからないパン屋が多いのも無理もありません。
そんなベーグルはお取り寄せで購入するのがおすすめで、お店によって同じベーグルでも甘みやもちもち具合、大きさなどが異なることから食べ比べが楽しめます。
お取り寄せの場合は冷凍で届くので、ベーグルほどお取り寄せに適したパンはないと言えるかもしれません。

Page Top